螺旋階段

イベント・展覧会情報

岡部嶺男展

岡部嶺男 火に生き 土に生き 展

10月11日(土)~ 2015年1月12日(月・祝)
休館日:毎週月曜日(但し祭日は開館)祭日の翌火曜日、年末年始

 岡部嶺男(おかべ みねお、1919~1990年)は、戦後の日本陶芸を代表する作家の一人です。生まれ故郷の瀬戸のやきものを背景に、織部、志野、灰釉、青磁、鉄釉などの陶技を極め、独創的なアイデアと造形力で力感みなぎる作品をつくり出しました。嶺男が追い求めた陶芸における芸術性は、ことに「嶺男青瓷」といわれた青磁において結実を見せています。
  近年、改めて見直され、急速に注目度が高まりつつある作家の真髄を、選りすぐりの作品によってご覧いただきます。


展覧会の詳細はこちらから

Current Exhibition (english)

関連イベント情報

イベント名 日時  
ナイトミュージアム 
◆11月29日(土)
演奏:藤田六郎兵衛氏(能楽笛方藤田流11代宗家)
18:30 (開場18:30)

予約
会費制

学芸員よるギャラリートーク
開催日時はこちら
聴講
無料
講演会  各日 午後3時より

日本と中国陶磁、それぞれの専門家に講師をお願いし、岡部の陶芸につながるテーマでご講演いただきます

①11月15日(土)
「岡部嶺男 日本陶磁史からのアプローチ」
伊藤 嘉章氏
(東京国立博物館学芸研究部長)

②12月13日(土)
「中国官窯青磁へのまなざし」
今井 敦氏
(文化庁文化財部主任文化財調査官)

※予約不要・聴講無料(展示観覧料が必要となります。)

※聴講無料の講演会、ギャラリートークは、当日観覧券が必要となります。講演会のお席には限りがございます。満席の際はお立見となりますことを予めご了承ください。

 

西洋館

西洋館(登録文化財)限定公開

次回:2014年11月15日(土)11:00~

智美術館に隣接する西洋館は、大正時代に建てられた貴重な建物として国の登録文化財に指定されています。元明治大学講師、建築家の篠田義男先生のご案内で展覧会開催中の毎月1~2回、土曜日に限定公開しております。※2011年秋より、お時間と詳細が変更となりました。

当館からのご案内

智美術サロン

2014年 智美術サロン

2014年度
「先ずは中国陶磁を知ることから」

「智美術サロン」は展覧会の関連行事とは別の通年講座です。その年ごとにテーマを掲げ、一流の講師陣にご講演をお願いする予定です。2014年は中国陶磁をテーマに開催いたします。
→詳しい内容はこちら


菊池ビエンナーレ

菊池ビエンナーレ

次回、第6回公募につきましてご案内を掲載いたしました

公益財団法人菊池美術財団は、21世紀の陶芸界の新たな展開を探ることを目的に、隔年で全国から作品を公募し、公募展「菊池ビエンナーレ」を開催しています。第5回の入賞、入選結果を公開しております。
 次回、第6回の作品募集につきまして、スケジュールを掲載いたしました(2014.2.13)

ヴォワ・ラクテ

フレンチレストラン「ヴォワ・ラクテ」

【営業時間】 11:30~22:00 【定休日】月曜日

ヴォワ・ラクテは美術館1階に併設された、気軽なランチから本格的ディナーまでお楽しみいただけるフレンチレストランです。「智美術館」鑑賞後の感動を胸に、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。