螺旋階段

イベント・展覧会情報

第2回菊池寛実賞 工芸の現在 展

12月17日(土)~ 2017年3月20日(月・祝)
休館日:月曜日(ただし2017/1/2、1/9、3/20は祝日のため開館)、年末年始[12/28(水)~1/1(日)]、1/3(火)、1/110(火)

 本展では工芸分野で活躍する作家を、陶磁、金工、ガラス、竹工、截金ガラスから12名ご紹介し、新作から近作約60点を展示します。
 出品いただく作家ごとに異なる制作への取り組みは、多彩な作品を生み出します。陶芸では、焼成によって生じる土肌の質感、釉薬や上絵による色彩、躍動感や緊張感のある独自の造形に見所があります。他にも、動感のある造形に陰影を纏う無色透明の吹きガラスや、鉄を素材に有機的な質感や形を創出する金工作品があり、竹工は編み目の連なりが構造を示して作家の思考を表すかのようです。そして、截金(きりかね)ガラスは、ガラスの色・形と截金を合わせた立体的な文様構成に見応えがあります。
 このたびの作家12名による充実した制作を通し、現代における工芸の多様な表現とその可能性をご覧ください。

展覧会の詳細はこちらから

Current Exhibition (English)

関連イベント情報

イベント名 日 時  
出品作家によるアーティスト・トーク
① 神谷 麻穂
(陶磁)&杉浦 功悦(竹工)
② 藤笠 砂都子
(陶磁)&留守 玲(金工)
③ 井口 大輔
(陶磁)& 中田 博士(陶磁)
④ 川端 健太郎
(陶磁)& 三嶋 りつ惠(ガラス)
⑤ 亀井 洋一郎
(陶磁)& 谷岡 茂男(竹工)
⑥ 植松 竹邑
(竹工)& 山本 茜(截金ガラス)
各日15:00~
①1月22日(日)
②1月28日(土)
③2月11日(土)
④2月19日(日)
⑤3月4日(土)
⑥3月11日(土)
聴講
無料
学芸員よるギャラリートーク
開催日時は
こちら
聴講
無料

上記の関連行事ご参加には当日観覧券が必要となります。

 

西洋館

西洋館(登録文化財)限定公開

次回:2017年2月4日(土)11:00~

智美術館に隣接する西洋館は、大正時代に建てられた貴重な建物として国の登録文化財に指定されています。元明治大学講師、建築家の篠田義男先生のご案内で展覧会開催中の毎月1~2回、土曜日に限定公開しております。※2011年秋より、お時間と詳細が変更となりました。

当館からのご案内

菊池ビエンナーレ

菊池ビエンナーレ

次回、第7回募集要項を公開しております

公益財団法人菊池美術財団は、21世紀の陶芸界の新たな展開を探ることを目的に、隔年で全国から作品を公募し、公募展「菊池ビエンナーレ」を開催しています。ただいま、2017年に開催する第7回公募の作品応募要項配布を行っております(2016.9.18.更新)。
→詳細と第7回応募要項はこちらをご覧ください


智美術サロン

2016年 智美術サロン

2016年度
「宝物の眠る場所Part1; 正 倉 院」

「智美術サロン」は展覧会の関連行事とは別の通年講座です。その年ごとにテーマを掲げ、一流の講師陣にご講演をお願いする予定です。2016年は「正倉院」をテーマに4月より全5回開催いたします。
(2016年度の講座は全て終了いたしました。)


ヴォワ・ラクテ

フレンチレストラン「ヴォワ・ラクテ」

【営業時間】 11:30~22:00 【定休日】月曜日

ヴォワ・ラクテは美術館1階に併設された、気軽なランチから本格的ディナーまでお楽しみいただけるフレンチレストランです。「智美術館」鑑賞後の感動を胸に、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。