篠田桃紅展

最新の展覧会

篠田桃紅展

篠田桃紅 昔日の彼方に

3月29日(水)~ 5月28日(日)
Toko Shinoda
in the autumn of my years…
March. 29 - May. 28, 2017

 篠田桃紅氏の作品には紙の白を切り裂くような、強く鋭い線から、淡く繊細な薄墨の色まで、多様な墨の表現を見出すことが出来ます。いずれも和紙を支持体として、墨と水を用い「書く」行為が制作の根底にあります。それは墨を含んだ筆が紙に触れた瞬間、水気がうつり、色が浸透する、やり直しのきかない描法です。書から始まった篠田氏にとり、そうした墨の特性は自然と身に馴染んだものでした。戦後、文字という枠からより自由になりたいとの思いから、抽象のかたちを求めた後も、墨の線と色を用い書くことが、篠田氏の表現の基本となっています。
 墨は風土や気候、擦り具合、紙や筆の選択などによって多彩に変化し、作家の筆運び、手と身体の動きはそのまま線と色の痕跡に変換されて、紙の上に無限のバリエーションを生みます。絵具を用い、色と形を塗りこめていく絵画が、時に複数の人間で分担制作も可能な表現であるのに対し、こうした書くという行為は、独りで行う、祈りにも似た孤独のかたちであると篠田氏は述べておられます。人が一刻、一日と生き、生涯を送るように、今日も書き続けられる墨の色と線の重なりには、篠田氏の独りある生が込められています。
 本展では、書、抽象画、リトグラフなど旧作から最新作まで約50点(予定)を展示し、篠田氏の格調高い世界をご覧いただきます。


English page

 

展示作品

篠田桃紅「Flamboyance」
篠田桃紅「甃のうへ(いしのうえ)」
篠田桃紅「Cadenza(奏)」

左:「Flamboyance(はなやか)」 2016年/中:「甃のうへ(いしのうえ)」 1990年頃/右:「Cadenza(奏)」 1997年

展覧会概要

会期 2017年3月29日(水)~ 5月28日(日)
休館日 月曜日
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
※障害者手帳ご提示の方(介護者の必要な方は1名迄)は通常観覧料の半額となります。
※リピート割引:会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示で300円割引いたします。(他の割引と併用はできません。)
ぐるっとパス  ぐるっとパス参加館
主 催 公益財団法人 菊池美術財団、ザ・トールマン コレクション
後 援 在日米国大使館、The Japan Times

関連イベント情報

●以下のギャラリートークは、観覧料でご参加いただけます。

学芸員によるギャラリートーク  各土曜日、午後2時より(申込み不要)
2017年 ◆4月8日、15日、22日 ◆5月6日、13日

その他のイベント情報

●展覧会開催中、西洋館見学会を開催いたします(有料)。詳細はリンク先をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る