色彩のちから展

最新の展覧会

第2回菊池寛実賞 工芸の現在

第2回菊池寛実賞 工芸の現在

12月17日(土)~ 2017年3月20日(月・祝)
Contemporary Japanese Crafts
The KIKUCHI Kanjitsu Prize Ⅱ
December. 17 - March. 20, 2017

 本展では工芸分野で活躍する作家を、陶磁、金工、ガラス、竹工、截金ガラスから12名ご紹介し、新作から近作約60点を展示します。
  出品いただく作家ごとに異なる制作への取り組みは、多彩な作品を生み出します。陶芸では、焼成によって生じる土肌の質感、釉薬や上絵による色彩、躍動感や緊張感のある独自の造形に見所があります。他にも、動感のある造形に陰影を纏う無色透明の吹きガラスや、鉄を素材に有機的な質感や形を創出する金工作品があり、竹工は編み目の連なりが構造を示して作家の思考を表すかのようです。そして、截金(きりかね)ガラスは、ガラスの色・形と截金を合わせた立体的な文様構成に見応えがあります。
 作家12名による充実した制作を通し、現代における工芸の多様な表現とその可能性をご覧ください。

English page

出品作家・展示作品

yamamotoakane

山本 茜

iguchidaisuke

井口 大輔

fujikasasatoko

藤笠 砂都子

mishimaritue

三嶋 りつ惠

rusuaki

留守 玲

kamiyaasaho

神谷 麻穂

uematsuchikuyu

植松 竹邑

kameiyoichiro

亀井 洋一郎

taniokashigeo

谷岡 茂男

kawabatakentaro

川端 健太郎

nakatahiroshi

中田 博士

sugiuranoriyoshi

杉浦 功悦

展覧会概要

会期 2016年12月17日(土)~ 2017年3月20日(月・祝)
休館日 月曜日(ただし2017年1月2日、1月9日、3月20日は開館)、
1月3日(火)、1月10日(火)、年末年始12月28日~1月1日
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
※障害者手帳ご提示の方(介護者の必要な方は1名迄)は通常観覧料の半額となります。
※リピート割引:会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示で300円割引いたします。(他の割引と併用はできません。)
ぐるっとパス  ぐるっとパス参加館
主 催 公益財団法人 菊池美術財団、日本経済新聞社

関連イベント情報

出品作家によるアーティスト・トーク   土曜、あるいは日曜日、各午後3時より

出品作家を各日2名づつお招きし、アーティストトークを開催します。(敬称略)

① 1月22日(日) 神谷 麻穂(陶磁) & 杉浦 功悦(竹工)
② 1月28日(土) 藤笠 砂都子(陶磁) & 留守 玲(金工)
③ 2月11日(土) 井口 大輔(陶磁) & 中田 博士(陶磁)
④ 2月19日(日) 川端 健太郎(陶磁) & 三嶋 りつ惠(ガラス)
⑤ 3月 4日(土) 亀井 洋一郎(陶磁) & 谷岡 茂男(竹工)
⑥ 3月11日(土) 植松 竹邑(竹工) & 山本 茜(截金ガラス)
 

※予約不要・聴講無料(展示観覧料が必要となります)。

●以下のギャラリートークは、観覧料でご参加いただけます。

学芸員によるギャラリートーク  各土曜日、午後2時より(申込み不要)
2017年 ◆1月7日、14日 ◆2月25日

その他のイベント情報

●展覧会開催中、西洋館見学会を開催いたします(有料)。詳細はリンク先をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る