菊池寛実記念 智美術館

関連行事・イベント Eventイベント Event

講演会

「今、なぜ走泥社なのか」
大長智広(京都国立近代美術館主任研究員)
5月18日(土)15時から

予約不要、当日の入館券が必要です。
B1展示室にて。

講演会2

「三輪龍氣生が語る走泥社前後の青春陶芸」
三輪龍氣生(本名:龍作/十二代休雪)
聞き手=島崎慶子(当館主任学芸員)
7月13日(土)14時から

予約不要、当日の入館券が必要です。
B1展示室にて。

学芸員によるギャラリー・トーク

予約不要、当日の入館券が必要です。
各日15時より、当館展示室にて

5月11日(土)、25日(土)/6月15日(土)/8月3日(土)

ナイトミュージアム
ユニット「やぶかたり」によるパフォーマンス

閉館後の展示室で体験する言葉と陶芸のコラボレーション。
今回は趣を変えて、作品を起点に、移動しながら朗読をお聞きいただきます。
前衛陶芸の多様な表現に合わせて演目も多彩です。
演者とともに展示室をめぐりながら朗読と陶芸作品をお楽しみください。

出 演=今井朋彦、矢代朝子

日 時=8月23日(金) ①18:30 /
8月24日(土) ②18:15 / ③19:45
※3回公演です

定 員=各回20名
参加費=3,000円(別途、要当日観覧券)

申込制 → info@musee-tomo.or.jp
氏名、申込人数、緊急時につながる電話番号をご明記ください。
受付開始6月11日(火)から!

※演目等、詳細は随時更新いたします。